女性向けの保険に入るのはもっと保険料を払うの??

女性保険比較

 

一般的な女性向けの保険は女性特有の病気に対する手厚い保障が特徴で、
保険料が安いというわけではなく上乗せ分の保険料も払うことになります。

 

 

 

同じ保険会社で通常の医療保険と女性向けの保険を比較してみると、
女性向けの保険の保険料は高めになりますが、

 

 

 

女性特有の病気にかかった場合の保障は
もちろん手厚く保障されます。

 

女性保険比較

 

通常の医療保険の保険料が2000円程度の場合、
女性向けだと10〜15%増の保険料となり、

 

 

 

この差額を高いと考えるか安いと考えるかは、
その方のとらえ方次第といえるでしょう。

 

 

 

女性だから女性向けの保険を選ぶというだけであれば、
いざというときに不満の残る結果になるかもしれませんから

 

 

 

自分の保障ニーズに見合ったものかどうかを
じっくり検討してください。

 

 

 

女性向けの保険といっても保障内容は保険会社によって
さまざまに異なっています。

 

 

 

まず保障される女性特有の病気も、乳がん、子宮がん、
子宮筋腫、異常分娩などはほぼ保障対象となりますが、

 

 

 

女性がかかりやすい病気として保障対象になるのは保険によって
少しずつ範囲が違っているので、対象外だと入院しても上乗せ保障はありません。

 

女性保険比較

 

また入院だけでなく、
手術も上乗せで保障されるかどうか、先進医療保障がついているか、
生存給付金や死亡保障があるか、またその金額が適切かなど、

 

 

 

上乗せした保険料分が必要な保障につながるかどうか
を考えましょう。

 

 

 

女性向けの保険に加入してもっと保険料を払うことになる以上は、
自分にぴったり合ったものを見つけてくださいね。