保険で女性専用のプランに入っておくことのメリット

女性保険比較

 

女性専用の保険プランが増えてきた背景には、
もともとは保険というものが

 

 

 

病気やけが、また死による経済的な負担の保障をすることから、
一般的に一家の大黒柱である男性向けであったことと関係があります。

 

女性保険比較

 

今ではさまざまなライフプランによって保障ニーズが変わり、
それにつれて女性の要望にマッチした
女性専用の保険プランが増えてきたのですね。

 

 

 

女性専用のプランといっても、鉄欠乏性貧血やバセドウ病、
関節リウマチなど乳房や子宮などの女性特有の臓器の疾患に限らずに
手厚く保障するものが多いのです。

 

 

 

将来的に結婚や出産を考える20〜30代の方には
女性専用の保険プランが特におすすめですが、

 

 

 

そのメリットは異常妊娠や異常分娩への備えが万全になることです。

 

 

 

健康な方であっても妊娠時には妊娠高血圧症候群や切迫流産、
切迫早産などの可能性がありますし、出産の約16%は帝王切開で
年々増加しているそうです。

 

 

 

ただでさえ出産や育児など先々に不安を感じ体力的にも負担が増す時期ですから、
経済的な不安は取り除いておきたいものですよね。

 

 

 

現在、乳がんと卵巣がんの一部は遺伝的要因が明らかになっており、
遺伝性の卵巣がんは結腸がんになるリスクも高いことが判明していますから、

 

 

 

近親者にこのようながんにかかった方がいれば
女性専用のプランのメリットは大きいでしょう。

 

女性保険比較

 

がんは遺伝や生活習慣などさまざまな要因がありますが
ストレスも大きな要因とされ、いざというときの将来の不安
といったストレスからの解放にもつながるのではないでしょうか。