女性向け保険プランと男性向けの保険プランの差は何?

女性保険比較

 

ライフスタイルが多様化した現在、
保険による保障ニーズはさまざまですが、
保険プランにも女性向けや男性向けが用意されています。

 

 

 

若い、あるいは単身者の場合の保障ニーズは
男性も女性もあまり変わりなく、

 

 

 

一般的に男性向けとしてすすめられるのは
既婚あるいは結婚することを前提とした、
死亡保障を手厚くした型でファミリー向けとも言われます。

 

女性保険比較

 

このような男性向けの保険プランは世帯主に万が一のことがあったときに
家族に必要と考えられる生活資金を手厚く保障し、

 

 

 

死亡だけでなく重い障害などを負ってしまった場合も
同じような保障が得られるようになっています。

 

 

 

一方、女性向けの保険プランの場合は未婚、既婚に関係なく、
必要とする死亡保障額は500〜1000万程度と
男性に比べ比較的低いというデータがあるそうで、

 

 

 

契約者がそのような保障よりも
医療保障を手厚く求める傾向があるようです。

 

 

 

医療保険で目立つのは女性向けの保険プランですが、
それは保険自体がそもそもは男性向けのプランが中心だったためで、
最近ではわざわざ男性向けと銘打った保険もあるそうです。

 

 

 

女性向けでは妊娠・出産、または女性特有の疾患に備える保障を
重点的に行うものが主流で、がんであっても子宮がんなど
女性特有のがんに手厚い保障が用意されているものも数多くあります。

 

女性保険比較

 

家族を持つ男性の場合は先進医療特約付きの医療保険が注目で、
この特約では指定医療機関で行う厚生労働省が認めた
先進医療治療が保障されます。

 

 

 

先進医療の技術料は全額自己負担で数万〜数百万円の費用がかかることから、
特約を付けて最新の医療技術による治療を検討できるようにしておきたいものです。