保険が必要になる女性に起こる病気はどんなのがある?

女性保険比較

 

保険が役に立つ入院、手術などを必要とする女性の病気は
年代によって違いがありますので、保険を選ぶときの参考になります。

 

 

 

まずは20〜30代の女性が入院する原因となる病気で多いのは、
異常妊娠や異常分娩、切迫早産や切迫流産、帝王切開などの
妊娠と出産に関係する病気です。

 

 

女性保険比較

 

 

中でも切迫早産は安静にして一日でも長くお腹の中の赤ちゃんを
成長させるために入院するものですから、症状によっては
2〜3ヶ月の長期入院になることもあります。

 

 

 

40代に入ると妊娠や出産に関わる病気が減って子宮筋腫、乳がん、
卵巣腫瘍などの女性特有の臓器の疾患が上位に入り、

 

 

 

50〜60代となると結腸がんや白内障など女性に特有ではない、
中高年に共通する疾患が上位に入るようになり、

 

 

その中で入院日数が比較的長くなるのは
神経症、糖尿病、関節症といった疾患のようです。

 

 

 

不安障害ともいわれる神経症、投薬だけでなく
食事制限などで血糖コントロールをする糖尿病、
膝や股関節の手術が必要となる場合もある関節症などは、
意外にもがん治療などより入院期間が長くなるのです。

 

 

女性保険比較

 

 

また、保険が必要になる場合は入院だけではなく、
長期にわたる通院治療も同様です。

 

 

 

最近のがん治療では入院による抗がん剤の投与は最初だけで、
経過を見て通院して行うことが増えてきたそうですから、このような場合にも
保険が必要になります。

 

 

 

保険の内容によっては入院や通院の日数が不足して
保障されない場合がありますから、しっかり把握した上で契約しましょう。