保険に加入する前の病気の有無について知っておこう

女性保険比較

 

一般的な医療保険では
治療中の病気は保険の対象外になるのはもちろんですが、

 

 

 

治療中でなくても保険に加入する前の病気やけがが原因の
入院や手術でも保障されないのが基本です。

 

 

 

ただし契約時にまだ自覚症状がないため
病気があることに気づかずにいる場合や
定められた告知で病気やけがをきちんと示している場合など、

 

 

 

保険会社によって柔軟な判断があるようです。

 

 

 

とはいっても保険に加入する前にはある程度は
自分の病気の有無を知っておかないと例外が適用されず、

 

 

 

いざというときにせっかくの保障が受けられない可能性がありますので、
健康診断の診断結果などを改めて確認しておくことをおすすめします。

 

女性保険比較

 

保険に加入するとき保険会社に提出する告知書では健康状態、
病歴や障害の有無などを記入しますが、

 

 

 

加入する人は事実を隠さず正確に告知する義務があり、
それに違反すると契約が継続できなくなり、保険金どころか
支払い済みの保険料すら戻ってこないことになります。

 

 

 

最近ではすでに病気がある方でも保険に加入できる引受基準緩和型保険が、
持病があっても入れる保険として数多く登場していますが、
これは告知項目を限定して該当する項目がなければ加入できます。

 

 

 

また身体の特定の部位に限って保障をしないという
特定部位不担保という条件で加入できる保険もあります。

 

女性保険比較

 

保険に加入する前に病気が見つかったときには
保険料が通常より高めだったり保障が限定的でもよいかなど、
加入するデメリットもきちんと吟味して、
くれぐれも虚偽の告知をしないようにしましょう。