保険は若くして加入するのが良いのか迷っている人へ

女性保険比較

 

一般的に保険は若くして加入すれば保険料が割安になりますから、
少しでも早めに保険に入った方が良いのでは……
と迷っている方も多いでしょうが、データとして

 

 

 

女性が加入する時期で多いのは20〜30代のようです。

 

 

 

この年代は親から自立して就職したり、結婚したり、
出産したりする時期に重なり、いざというときの
経済的な保障を考える必要が生まれるのですね。

 

 

女性保険比較

 

けれども実際にはこの人生のイベントは人によって時期や内容が十人十色で、
そのために必要な保障もさまざまのはずですから、
自分の保障ニーズに合っていない保険に保険料を払い続けていては
結局損になってしまいます。

 

 

 

年齢も1つの目安にはなりますが自分の人生のイベントを見据えて、
保険に加入するタイミングを考えればより満足のいく選択ができるでしょう。

 

 

 

保険に加入することになったら、加入目的によって保障期間、
保険料や払う期間の検討も必要ですね。

 

 

 

長期間保険料を払い続けることになる終身保険では年を重ねるにつれて
病気にかかるリスクが増え保険に入れなくなることも考えると、

 

 

 

結婚などのタイミングで早めに加入すれば
月額保険料と総支払額のどちらも安くなります。

 

 

 

保障とともに貯蓄もできるのが終身保険ですから、
早く払い始めた方が比較的楽に同じだけのお金が貯まるという考え方です。

 

女性保険比較

 

一方、定期保険は一定期間を安い保険料で保障する保険で
一定期間の保障に向いており、安い保険料であっても支払期間が長くなると
総支払額が高くなる傾向があるので、

 

 

 

若いうちに入った保険はイベントが終了したら
いったん見直した方がよいようです。