出産と女性のための保険プランってどんな関係がある?

女性保険比較

 

正常な出産は病気ではありませんから、
手術や入院などに備える保険プランとは無関係と考える方も多いようですが、

 

 

 

2008年の保険業法の改正で正常分娩による入院に対しても
保障がある、少額短期保険(ミニ保険)ができました。

 

 

 

少額短期保険は期間が短く(通常は1年、損保保険は2年)、
保障は少なめで掛け捨てですから、

 

 

 

長期間の保障や資産価値はありませんが、
保険料が安く契約期間が短いので加入する方は
年々増加しているようです。

 

女性保険比較

 

出産は健康保険や国民健康保険に加入していれば
出産育児一時金が受給でき、仕事を休んでいる場合は
給与の補助として出産手当金も支給されますが、
経済的な負担はゼロにはなりません。

 

 

 

病院、助産院の出産ともに給付されますから、
妊娠・出産を近い将来考えている方には
使い勝手のよい保険プランではないでしょうか?

 

 

 

正常な妊娠期間を過ごしても
出産にあたって帝王切開などの手術が必要になることも考えられ、
そうなると手術費用と入院日数は自然分娩よりも増加します。

 

 

 

帝王切開は国民健康保険の補助がありますが
3割程度の自己負担額が発生しますし、

 

 

 

健康には自信のあるという方も妊娠・出産は母体に負担がかかりますから、
不安のない妊娠期間を過ごすために保険会社の保険でも備えたいものです。

 

女性保険比較

 

妊娠をきっかけにして子宮筋腫など女性特有の病気が見つかることもありますが、
女性のための保険プランであればそれらの病気にも手厚い対応が可能です。

 

 

 

注意しなければならないのは保険にいつ加入するかですが、
一般的に妊娠中に保険に加入するには条件が付きます。

 

 

 

特定部位の不担保といい、例えば帝王切開、切迫流産、
切迫早産、子宮外妊娠などでは保障がつかないというものですから、
計画的に妊娠前に加入するとよいでしょう。